古物商許可申請


リサイクルショップ・古着屋・中古車屋など、古物を取り扱う営業を始めるためには、古物商許可申請が必要となります。

古物営業法でいう「古物」とは、「一度使用された物品」、「使用されない物品で、使用のために取り引きされたもの」、「これらの物品に幾分の手入れをしたもの」を指し、以下の13品目に区別されています。

(1)美術品類  (2)衣類  (3)時計・宝飾品類 (4)自動車  (5)自動二輪車及び原動機付自転車  (6)自転車 (7)写真機類  (8)事務機器類  (9)機械工具類 (10)道具類  (11)皮革・ゴム製品類  (12)書籍 (13)金券類


当オフィスでは、東京都および神奈川県での古物商許可申請を代行いたします。
申請に必要な証明書類(住民票、登記されていないことの証明書など)の代理取得も可能です。(1通2,200円)


料金 個人のお客様 ¥ 35,000(税別)

         法人のお客様 ¥ 40,000(税別)
詳しいサービス料金はこちら

 

※ 外国人の方が古物商許可申請を行うためには、まず在留資格(ビザ)の種類を確認させて頂く必要があります。原則的には、「投資・経営」「永住者」「日本人の配偶者等」「定住者」「平和条約関連国籍離脱の子」の在留資格をお持ちの方であれば、申請可能であると考えらます。また、提出書類も一部日本人とは異なりますので、手続きについてご不明な点等ございましたら、お気軽にご相談ください。

 

以下、参考情報です。

【 申請窓口 】
東京都:営業所の所在地を管轄する警察署の防犯係
神奈川県:営業所の所在地を管轄する警察署の生活安全(第一)課


【 申請手数料 】
・新規許可申請 19,000円
・許可証の書換え申請 1,500円
・許可証の再交付申請 1,300円

 

申請から許可までの日数】
約40日(土日祝日、年末年始等を除く)